忍者ブログ

30Mar

[PR]

Posted by in

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PAGE TOP△

06May

配列(Array)

Posted by No Name Ninja in 配列操作

SAMPLE

●Array配列の初期化

通常
var array = new Array();

値を入れて初期化したい場合は2通りある。
var array = new Array(1,2,3,4,5);
var array = [1,2,3,4,5];

Javascriptエンジン的には前者の方がやさしい。(よほどのことがない限り大きな違いは出ないけど)


●配列の要素を連結

Array.join(separate);
separate・・・・連結時のセパレータ
配列の要素を全て連結させて一つの文字列にします。※配列の内容確認時に便利です。


●配列への要素追加

Array.push(val);
val・・・・追加する要素

配列の最後尾に要素を追加します。引数で追加したい要素を指定します。


●配列から要素取得

Array.shift();
配列の先頭から要素を取得します。
※配列からは要素が削除されます。

Array.pop();
配列の最後尾から要素を取得します。
※配列からは要素が削除されます。


●配列の一部をコピー

・Array.slice(fromIndex,count);
fromIndex・・・・コピー開始位置
count・・・・コピー終了の位置(指定した位置の要素は含まない)

●配列操作(削除・置換)

・Array.splice(start, n, e1, e2, ...)
start・・・削除を開始するINDEX値。先頭の場合、0から
n     ・・・・開始地点から削除する要素の数。1から
e1e2・・・代わりに挿入する配列


●配列をソート

・Array.sort();
デフォルトのソートです。アルファベット順にソートされます。

・Array.sort(function);
function・・・・ソート条件を実装したfunction
ソート条件を実装したfunctionを引数に指定することで、オリジナルのソートができます。

e.x.)
alert(new Array(5,2,1,4,9).sort(testSort).join(','));
function testSort(a,b){
  return b-a;
}
※aがbより小さい場合は負の値、大きい場合は正の値、同じ場合は0を返すように実装する。


●よく起こす勘違い

・Javascriptのメソッドで返ってくる配列がArrayオブジェクトでないことに注意する。
document.getElementsByName(name)などで取得した配列に対して、Arrayのメソッドを使おうとするとエラーとなる。配列操作が必要であれば、入れ替える必要がある。
document.getElementsByName(name)で取得されるオブジェクトはNodelistです。




PR

Comment (0) | PAGE TOP△