忍者ブログ

30Mar

[PR]

Posted by in

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PAGE TOP△

05Jun

タイマー

Posted by No Name Ninja in 日付、時刻、タイマー

javascriptでは、他のプログラム言語で見るようなwait処理はありません。
その代わり、『一定時間後に実行する』と指示する命令を持っています。
SAMPLE

●一定時間後に実行する。(一度だけ)

・setTimeout(function,time)
function・・・・・一定時間後に実行する関数
time・・・・・ミリ秒指定

●一定時間間隔で繰り返し実行

・setInterval(function,time)
function・・・・・一定時間後に実行する関数
time・・・・・ミリ秒指定


●setIntervalの実行を取り消す

・clearInterval(intervalId);
intervalId・・・・・setIntervalの戻り値。


PR

Comment (0) | PAGE TOP△

04Jun

日付・時刻の表示・取得

Posted by No Name Ninja in 日付、時刻、タイマー

文字列を操作するAPIの一覧です。
これらをマスターしておけば、とりあえず、一通りの文字列操作ができます。
SAMPLE

Dateオブジェクトの生成
現在のローカル日付・時刻で生成

var datetime = new Date();

UTCの1970年1月1日00:00:00から経過ミリ秒を設定して作成
※以下の例では上記UTC時刻から5秒追加。
※日本タイムゾーンだとさらに+9時間となる。

var datetime = new Date(5000);


日付を設定して生成
※方法は2つある。
文字列として日付時刻を指定する
引数に数値として年月日時分秒ミリ秒を指定。(年月日は必須。時分秒ミリ秒はオプション)

var datetime = new Date('July 16, 2011 12:11:23');
alert(new Date(1987,5,23,20,15,52,985));




●Dateオブジェクト生成後、年月日時分秒ミリ秒を設定、取得する。
  get set get(UTC) set(UTC)
getFullYear setFullYear getUTCFullYear setUTCFullYear
getMonth setMonth getUTCMonth setUTCMonth
getDate setDate getUTCDate setUTCDate
曜日 getDay - getUTCDay -
getHours setHours getUTCHours setUTCHours
getMinutes setMinutes getUTCMinutes setUTCMinutes
getSeconds setSeconds getUTCSeconds setUTCSeconds
ミリ秒 getMilliseconds setMilliseconds getUTCMilliseconds setUTCMilliseconds



時間差を計算する。
var date1 = new Date(1977,07,24,23,00,00);
var date2 = new Date(1977,07,24,22,00,00);
alert((date1 - date2)/1000 + '秒');


●上記が文法的に抵抗がある場合は、UTC開始時刻からのミリ秒差で計算する。

var date1 = new Date(1977,07,24,23,00,00).getTime();
var date2 = new Date(1977,07,24,22,00,00).getTime();
alert((date1 - date2)/1000 + '秒');


Comment (0) | PAGE TOP△